WordPress

固定ページと投稿ページの違い

WordPressには、記事を投稿する際に、「投稿」と「固定ページ」の2種類があります。

主な使用用途は、下記の通りです。

  • 投稿:ブログ記事を作成する際に使う
  • 固定ページ:1つのページを作成する時に使う

使い分けを間違ってしまうと、SEO効果が薄れ、労力が無駄になってしまいますので、しっかりと理解しておきましょう。

WordPressの「投稿」とは?

「投稿」から作成した記事は、同一のカテゴリーと関連付けされ、カテゴリーページに一覧として表示されます。

また、自動的にトップページにも表示されます。

投稿記事が増えると、関連付けされたカテゴリーページのSEO効果がどんどん高まっていきます。

カテゴリー名を作成する際も、SEOを意識したキーワードを用いるようにしましょう。

WordPressの「固定ページ」とは?

「固定ページ」は、トップページや他のページとの関連付けがされない、独立したページです。

そのため、「お問い合わせページ」や「プライバシーポリシー」「プロフィール」など、どのカテゴリーにも属さないページを作成するのに適しています。

また、「投稿」と異なる点として、RSSが生成されないという特徴もあります。

固定ページと投稿の違い一覧表

WordPressの固定ページと投稿の違いをぱっと見でわかるように表にまとめました。

カテゴリー連動 トップページとの自動連携 RSS配信 使い方
投稿 ブログ記事を作成する
固定ページ × × × お問い合わせページやプライバシーポリシーなど独立したページを作成する

Copyright© WordPressカリキュラム , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.