WordPress

All In One SEO Packの設定

「All In One SEO Pack」の設定を順番に解説していきます。

プラグインのインストール方法は、下記の記事を参照してください。

no image
インストール+有効化のみで設定不要のプラグイン

WordPressのプラグインには、インストールして有効化するだけで利用できるものと、有効化した後に設定が必要なものがあります。 最小限必要なWordPressプラグイン10選 でご紹介したプラグイン ...

 

WordPressのダッシュボードを開き、サイドバーの「All In One SEO」をクリックします。

一般設定

一般設定の欄は、上図のように、全てデフォルトの設定のままでOKです。

ホームページ設定

上図の赤枠で囲っている欄を入力します。SEO内部対策として重要な設定となります。

  • タイトル:ブログのタイトルを入力します。長くなりすぎないようにしましょう。
  • ディスクリプション:ブログの説明文を入力します。
  • キーワード:ブログのテーマとなるキーワードを入力します。1~2キーワードにとどめましょう。

タイトル設定

「タイトル設定」では固定ページや投稿ページの、タイトルタグの出力の設定ができます。

特別な設定をする必要がない場合は、デフォルトの設定のままでOKです。

参考までに、以下に入力内容を記載しておきます。

Home Page Title Format %page_title%
タイトルの固定ページにフォーマットする %page_title% | %site_title%
投稿タイトルのフォーマット %post_title% | %site_title%
カテゴリータイトルのフォーマット %category_title% | %site_title%
タイトルのフォーマットにアーカイブする %archive_title% | %site_title%
日付アーカイブページのタイトル形式 %date% | %site_title%
投稿者アーカイブページのタイトル形式 %author% | %site_title%
タグのタイトルフォーマット %tag% | %site_title%
検索タイトルのフォーマット %search% | %site_title%
ディスクリプションの形式 %description%
404ページタイトルの形式 %request_words% に何も見つかりません
一覧ページのフォーマット Part %page%

コンテンツタイプ設定・表示設定

「コンテンツタイプ設定」「表示設定」は、SEOを行う投稿タイプの設定ができます。

特別な設定をする必要がない場合は、デフォルトの設定のままでOKです。

ウェブマスター認証・Googleアナリティクス

「ウェブマスター認証」「Googleアナリティクス」は、Googleサーチコンソールやアナリティクスの設定を行うことができます。

Googleサーチコンソールやアナリティクスの設定は、別カリキュラムで解説しますので、現状では、何も設定しなくてOKです。

Schema Settings

「Schema Settings」は、Schema.orgという構造化マークアップで、検索エンジンにWEBサイトの構造をわかりやすく伝えるための設定です。

上図のように、下記3点を設定します。

  • Schema.org マークアップを使用:有効
  • サイトリンクの検索ボックスを表示する:チェックする
  • 個人または組織:基本的に個人でのブログ運用のはずですので「人」にチェックを入れます。

「ソーシャルプロフィールのリンク」に関しては、ブログに関連したSNSを運用している場合は、URLを入力します。これは任意項目です。

入力例)

https://teitter.com/●●●●●

Noindex設定

「Noindex設定」は、検索エンジンにコンテンツを登録させないための設定です。

質の低いコンテンツがインデクスされてしまうと、ブログ全体の評価を下げてしまいます。

そのため、インデックスの必要がなかったり、サイトの評価を落とす可能性があるコンテンツはNoindex設定をしておかなければなりません。

上図の赤枠で囲っている項目にチェックを入れます。

チェックを入れる項目一覧まとめ

  • NOINDEX をデフォルトにする
    • メディア・添付ファイル
    • oEmbed Response
    • ユーザーリクエスト
    • ブロック
  • 日付別アーカイブに noindex を使用する
  • 投稿者アーカイブに noindex を使う
  • タグアーカイブに noindex を使用する
  • 検索ページに noindex を使用する
  • 404ページに noindex を使用する
  • ページ/投稿のページ送りに noindex を使用する

※「NOINDEX」しておけば、「NOFOLLOW」の設定は不要です。

詳細設定

「詳細設定」は、上図のように「ディスクリプションを自動生成する」にチェックを入れましょう。

これはディスクリプションを自動生成する設定です。記事作成ページで直接入力し上書きすることもできます。

キーワード設定

「キーワード設定」は、ページのキーワードを設定できます。

「キーワードを使用する」を「有効」にして、「動的に投稿ページ/アーカイブのためのキーワードを生成する」にチェックを入れましょう。

以上の設定が完了したら、最後に、「設定を更新」ボタンをクリックします。

Copyright© WordPressカリキュラム , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.